医療機器が高額な理由を知っておこう

医療機器はもの凄いスピードで進化しましたが、その背景には各診療科独特の治療方法や診断方法があります。
たとえば、医療用はさみやピンセットは、診療科によって特徴が異なります。
形状や大きさがさまざまですが、診療や処置に内容によって使い分ける必要があるからです。
また、体温計や血圧計は病院だけでなく、家庭にも当たり前のようにあります。
とくに、体温計がないと言う家庭はないと言ってもいいでしょう。
しかし、医療用の体温計や血圧計と同じと言うわけではありません。
機器の形状は非常に似ていますが、医療用の方が精度はもちろん、耐久性にも優れています。
なので、家庭用のものとは比べものにならないほど高額なのです。
ちなみに、病院で使う機器が高額なのは、高い精度をクリアするために手間がかかると言うだけではありません。
診療科や疾患によって、カスタムメイドされているからです。
こう言うことを知っておくのもムダではないでしょう。

誹謗中傷対策に四苦八苦している企業様へ

高齢者の医療費の増大と削減のための努力

国民がすべて国の保険制度で医療費を補うという日本の考え方は非常に優れた考え方で、ある意味ではその理想が実現された国とも言えます。
しかし、それが今は厳しい状態になっているということで限界が来ていることがわかります。
この理想的な保険制度を維持していくためには、福祉ではお金が入らないので、支出に見合う収入があって初めて成り立ちます。
具体的にはそれらの医療費を補える収入があって初めて実現するわけです。
簡単なプラスとマイナスの計算です。
少子高齢化の社会ということでは、税収が減り医療費が増える社会です。
高齢者の医療費の4割はガンや心臓疾患、脳血管関係の疾患などの重篤な病気の治療費です。
これをどう削減できるかということですが、現実には無理です。
また、ジェネリック医薬品の期待もありますが、もともと薬代は全体の2割にもなりません。
このまま今の保険制度を維持していくためには、今よりもサービスを低下させるしかないのが現実です。
それを国民が自分たちで補うということが現実的な流れです。

最新投稿

  • 美容整形では切らない医療がメイン

    美容整形ではかつてのように切る治療ではなく、切らない医療が進んできました。
    ある特定の周波数の …

    続きを読む...

  • 精神疾患から立ち直る医療サービス

    現代人にとって精神疾患は無視できない問題です。
    人間関係含め、何かと気を使わなくては上手くやっ …

    続きを読む...

  • 定期的に医療機関で健康診断を受けよう

    健康な体を維持するためには、体調が悪いと感じたらできるだけ早めに医療機関を受診することが大切です。< …

    続きを読む...